ブラック企業の見分け方【入社前に回避】こんな会社は危険です

ブラック企業の見分け方【入社前に回避】こんな会社は危険です

ブラック企業の見分け方を紹介

ツマコ
ブラック企業の見分け方が分からん。どの会社も良さそうに見えるんだが。

 

しんすー
見分け方を知らないと、ブラック企業から抜け出したくて転職したのに、転職先もブラックだった。なんてことになるかも。

 

ブラック企業に入社してしまうと心身ともに消耗してしまい、その被害は想像以上のものになります。

入社する前に知っておきたい、ブラック企業の見分け方についてご紹介します。

 

ブラック企業とは【定義は?】

実はブラック企業という言葉の明確な定義は今のところありません。

厚生労働省は、ブラック企業の一般的な特徴として下記のとおり表現しています。

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  • このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

※引用元:https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/qa/roudousya/zenpan/q4.html

 

僕の言葉で表現するなら

「労働者から搾取し、駒のように扱う、違法性のある会社」

といった感じですかね。

 

ブラック企業の見分け方【求人情報編】

まずは、求人情報からブラック企業を見抜くための方法。

当てはまる特徴があるなら要注意です。

 

見分け方1:規模が小さい割に常に大量求人

規模がそれほど大きくなく、事業拡大している訳でもないのに常に人材募集しているところは要注意。

そして、待遇も悪くないのにいつも求人を出している会社は、それなりの理由があります。

  • 離職率の高さ(劣悪な職場環境)
  • 慢性的な人材不足による社員への負担

などの様子が伺えますね。

 

見分け方2:無資格・未経験者大歓迎なのに高収入

無資格・未経験者大歓迎なのに高収入な会社も注意が必要です。

専門性や仕事の難易度が高いわけではないのに、高待遇で募集しなければいけない事情があるはずです。

 

急激な事業拡大のため一時的に急募している求人であればブラック企業の危険性はさほど高くないですが、事業拡大中ゆえ多少の負担は覚悟したほうが良さそう。

 

見分け方3:給与が相場より極端に低い or 高い

給与が相場と乖離しすぎている求人も、ブラック企業である可能性があります。

  • 極端に低い→労働者ファーストでない。
  • 極端に高い→高くせざる得ない裏事情がある。

といった感じ。

同業他社とギャップがないか比較してみましょう。

 

見分け方4:みなし残業や年俸制を採用している

みなし残業や年俸制を採用している会社も、ブラックになりやすい傾向があります。

いつの間にかサービス残業をしてしまっているケースあり。

 

見分け方5:キャッチコピーが妙にキラキラ

ブラック企業は、劣悪な労働環境をキラキラした言葉で隠しがちです。

下記のようなキラキラコピーを多用している企業にはご注意。

  • アットホーム
  • 夢、感動、自己実現
  • 熱意、根性、やりがい

 

見分け方6:若手社員が中心 or 多い

業種にもよるので一概には言えないですが、若手社員が多かったり若手を管理職に積極採用しているようなケースは要注意。

離職率の高さの裏返しでもあるので。

 

ブラック企業の見分け方【情報収集編】

ブラック企業は、求人以外の情報でもある程度見分けることができます。

積極的に情報収集を行い、回避しましょう。

 

見分け方1:口コミや体験談をチェック

ブラック企業を見分けるには、実際に働いていた人の意見を聞くのが一番です。

口コミサイトや掲示板での評価など一通り目をとおし、悪評が多い場合はご用心。

 

見分け方2:深夜まで明かりが点いている

深夜に会社の窓を確認してみて、いつも明かりが点いているようであれば要注意。

慢性的な長時間労働に陥っている可能性ありです。

 

見分け方3:ブラック企業が多い業界を知る

構造的に、ブラック企業に陥りやすい業界というのがあります。

  • 年々需要が減っている業界:
    一人当たりのノルマが過大になりがち(小売り、アパレル業界など)。
  • 低利益率 or 高コストの業界:
    人件費を無理に削りがち(流通、旅行業界など)。
  • 慢性的に人手不足の業界:
    長時間労働になりがち(飲食、介護業界など)。

ちなみに、僕の友人は年賀状を売る為に必死でした。

 

見分け方4:ブラック企業リストをチェック

厚生労働省が公開している、いわゆるブラック企業リスト労働基準関係法令違反に係る公表事案)も要チェックです。

公式にヤバい会社が記載されています。

ただし、全てのブラック企業が記載されているわけではないのであしからず。

 

ブラック企業の見分け方【面接・説明会編】

会社の面接や説明会でも、ブラック企業を見分ける為のヒントが隠されています。

 

見分け方1:圧迫面接してくる

ブラック企業にありがちなのが、圧迫面接です。

圧迫面接という手法は、応募者を下に見ているからこそ実践されるものです。

詳しく知りたい方は僕の過去記事をどうぞ。

圧迫面接ニ反撃スル【媚びる必要無し】撃退方法を紹介【ブラック企業かも】

 

見分け方2:労働条件についての話題を濁す

面接で労働条件に係る質問に答えてくれない。

話が進むにつれて条件が変わっていく。

などの場合もブラック企業のリスクが高いです。

 

正社員で応募したのに、いつの間にか契約社員ということにされていた。

などなど。

 

見分け方3:面接が短すぎ or ほぼ雑談で終わり

面接が短すぎる、またはほぼ雑談で終わってしまう場合も怪しいです。

これは、いわば労働条件についての話を濁しているということに他なりません。

アルバイトの面接ではよく見る光景ですが、社員の面接でそのような状態になるようであれば、要注意。

 

見分け方4:社員に覇気が無い or ギラギラしている

面接や説明会で会社に訪れる際、社員さんと顔を合わせることがありますよね。

その際、社員さんの表情にも注目です。

  • あまりにも覇気が無い。
  • 逆にギラギラしすぎている。

という場合は労働環境に問題があるかも。

 

見分け方5:オフィスの雰囲気が異様

オフィスが汚れていたり、デスクに私物が置かれているような場合は、過重労働ゆえに泊まり込みで残業している可能性があります。

さらに、オフィスで怒号が飛び交っているなど明らかに雰囲気がおかしい場合も要注意。

 

ブラック企業の見分け方【天敵編】

ブラック企業を回避する、最強の方法があります。

それは、転職のプロをパートナーにすること。

Webで完結する転職サイトではなく、対人型サービスである転職エージェントがおすすめ。

 

転職エージェントの重要性【プロにはプロを】

転職サイトはどのような会社でも気軽に登録することができますが、そのぶんブラック企業に当たる確率も上がります。

その点、人と人の付き合いがある転職エージェントは、ブラック企業からすれば登録のハードルが高くなるため、求職者が外れくじを引く確率が下がります。

 

転職エージェント登録企業は優良な所が多い

転職エージェントに登録している企業は、優良な会社が多いと言えます。

なぜなら、企業が転職エージェントを利用するには費用が発生するため(ほとんどの場合)。

  • 人材確保にコストをかける余裕がある
  • コストをかけるぶん、離職してほしくない
    (社員の満足度アップに力を入れる)
  • 人材の為にコストを使うという、リテラシーがある

 

おすすめ転職エージェント

あなたが就職・転職を考えているなら、今すぐ転職エージェントに登録するべきでしょう。

  • 優良企業の求人動向が分かる。
  • 転職のプロとじっくり戦略を練ることができる。

早ければ早いほど有利に動けます。

 

おすすめはマンツーマンで支援してくれるゲキサポ。

>>マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【ゲキサポ】

数分の登録作業で人生を好転させましょう。

 

まとめ【ブラック企業の見分け方(入社前に回避)】

ブラック企業に入社してしまうと、人生の大損を被ってしまいます。

適切に見分け、自分に合った優良企業を見つけましょう。

-転職・就職

Copyright© しんすーブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.