2019/12/31 (更新日: )

フジモンと木下優樹菜さんが離婚(泣)

フジモンと木下優樹菜さんが離婚(泣)

フジモンと木下優樹菜さんが離婚【2019年最後のびっくりニュース】

この記事が2019年最後の記事になります。

フジモンことFUJIWARAの藤本敏史さんと、ユッキーナこと木下優樹菜さんが離婚を発表しました。

 

フジモン・ユッキーナの関係を時系列で

まずはフジモンと木下優樹菜さんの略歴について。

  • 2009年5月頃:テレビ番組『クイズ!ヘキサゴン2』での共演がきっかけで仲を深め、交際スタート
  • 2010年8月:8月28日に婚姻届を提出。結婚。
  • 2012年8月:木下優樹菜さんが長女を出産(8月6日)
  • 2015年11月:木下優樹菜さんが次女を出産(11月3日)
  • 2019年12月:離婚(12月31日)

 

タピオカドリンク店との騒動は離婚と関係ある?

今回、突然の離婚発表に驚いた方も多いと思います。

直近では木下優樹菜さんがタピオカドリンク店と揉めた事案があった為、それが離婚の原因になったのでは?という憶測を呼んでいます。

 

離婚の原因について、フジモンは「夫婦としてのすれ違いや生活のずれ」が重なったとコメントしています。

フジモンと木下優樹菜さん、どちらのコメントでもタピオカドリンク店との騒動のことは触れられていません。

 

前々から離婚の話は何度も出ていたみたいなので、もともと関係は悪化していて、今回の騒動は離婚に踏み切るきっかけにすぎなかったのかなという印象です。

 

タピオカドリンク店騒動の前にも

実は、お二人(特に木下優樹菜さん)については今回のタピオカドリンク店騒動以外にも、以前からあまり良くない噂がたっていました。

  • ディズニーでのマナー違反&一般人への恫喝
  • ハワイでのマナー違反
  • 沖縄での一般人への侮辱発言
  • 某テレビ番組でのADや新人タレントへの口撃

などなど。詳しくはググってください。

 

これらが2人の関係悪化や離婚の原因につながったのかは定かではありませんが、何かしらのストレスは溜まっていたのかなぁという印象です。

ちなみに、木下優樹菜さんは元ヤンキーであることを自称していましたが、「ヤンキーキャラ」ではなく根っからのヤンキー気質だったようです。

 

フジモンと木下優樹菜さんの今後

お二人の離婚後について、芸能活動なんかも含めて気になります。

 

親権は木下優樹菜さん

木下優樹菜さんは今回のコメントで離婚理由については触れていませんが、親権は自身が持つことになったと明かしています。

また、子育てについても、今までと変わらず協力しあっていくとしています。

 

僕としては、誰かが離婚をした時、子供への影響(ストレスなど)を考えてしまうのですが、これまで通り協力していくということなので少し安心しました。

子供へのダメージは最小限に抑えられそうなので。

 

今後の芸能活動について

僕は業界の関係者でもないので、お二人の今後の活動については全然分からないというのが正直なところです。

ただ、

  • フジモンは離婚発表前日にも番組の生中継に出演。
  • 木下優樹菜さんはタピオカ騒動後、芸能活動を自粛。

という状況を鑑みると、今後のお二人の芸能活動は明暗がはっきり分かれそうです。

 

フジモンと木下優樹菜さん出演の某CMの話

フジモンと木下優樹菜さんといえば、食器用洗剤のCMに出演していたことも話題になりました。

※詳しくはググってください。

 

あのCM、実は僕も違和感を感じていたんですよね。

主人と違う顔とならキスしようとして、主人の顔に変わったらびっくりしてのけぞる。みたいな。

(これはお二人への意見ではなく、CMの構成を作った人への意見です。)

 

このCMについてもあまり良くない意見があがっていて、

  • フジモンに対して失礼
  • 木下優樹菜さんに対しても失礼(外見で判断する印象を与えかねない)
  • 視聴者も不快(パートナー以外とのキスを連想させる)
  • CMが男女逆で構成されていたら炎上もの

といった感じ。

笑いの為だと分かっていても、不快に感じた人は多かったのではないでしょうか。

 

まとめ【フジモンと木下優樹菜さんが離婚】

2019年の最後にヘビーなニュースとなりましたが、逆にいえば「今年の●●は今年のうちに」ということで、良かったのではないでしょうか。

僕も年末の大掃除や仕事が済んだので、今夜は年越しそばを食べてのんびり過ごすことにします。

皆さんも、良いお年を。

-哲学・雑学

Copyright© しんすーブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.