2019/12/19 (更新日: )

爪を深く切れない人です【ハイポニキウム】僕の苦悩がこちら

爪を深く切れない人です【ハイポニキウム】

爪を深く切ることができない

今回は、いつもとちょっと違って

爪を深く切ることができない」という気持ちを共有するための記事です。

僕は、昔から人並みに深く爪を切ることができません。

 

理由は、指と爪の間(爪の内側)に張り付いている白いやつ(ハイポニキウム)が普通の人より飛び出ていて、爪を深く切ろうとすると、そこまで傷ついてしまって痛いからです。

普通の人の深爪の基準と、僕の中での基準は、少し違うのです。

 

なので、爪を切る時も普通の人より浅めに切らざるを得ないんです。

でも、周りにはそれを理解してくれる人があまりにも少ないですね。

 

爪を深く切れない故の苦悩

爪を深く切れないと、周りの人から「だらしない」扱いされることもしばしばあります。

こちらはしっかり爪を切ってきているつもりなのに、普通の人からすると伸ばしているように見えるみたいですね。

  • 子供の頃の出来事:
    両親や学校の先生に「爪を切れ」と言われる(切ったばかりなのに・・)
  • 大人になってからの出来事:
    会社の人や友人に「爪長いね」「伸ばしてるの?」などと指摘される

 

それが原因で人間不審になり、人生に絶望し・・・なんてことはありませんが、時おり少し嫌な思いをすることがあります。

清潔感が求められる職種の方は肩身の狭い思いをしている方もいるのではないでしょうか(医療系や調理師など)

 

爪を深く切れないならそれでいい

ただ、爪を深く切れないなら、無理してまで深爪をしなくても良さそうです。

爪の内側の白いやつ(ハイポニキウム)には下記の役割があるため。

  • 異物が入り込むのを防ぐ役割がある
  • 神経が通っているので傷つくとめちゃ痛い
  • 傷ついたり無理に剥がそうとすると雑菌が入って炎症をおこす可能性がある
  • 無理に短くすると、爪の固定が弱まるかも
  • 無理に切ろうとして刺激を与えると余計に伸びることがある

 

爪の健康を考えるなら、無理に深く切らないほうがいいかも。

ちなみに、ネイルアートやマニキュアなどで装飾した爪もいいですが、健康的な薄ピンクの爪も魅力的ですよね。

>>自分史上最高の爪へ!健康的な爪の成長をサポート

それでもやっぱり治したいなら

それでも、どうしても治さないといけないのであれば、

ヤスリを使って毎日削れるところまでひたすら削り続ける

ことで、ハイポニキウムがだんだん短くなり、より深爪できるようになったという例があるようです。

 

僕も、若い頃に頑張って深爪しようとしていた時期があり毎日ひたすら爪を短くしていましたが、確かにその時期はだんだんと爪が深く切れるようになっていました。

この方法の注意点としては

  • ハイポニキウムに傷がつかないように気を付ける
  • ヤスリで削り続けている間は短くなるけど、少しさぼるとまた伸びてくる

ということです。

 

ただ、この方法は医学的な「治療」として確立しているわけではないようなので、細心の注意が必要です。

本来「ハイポニキウムが長い」というのは病気ではないため、基本的に治療はしないんだとか。

 

僕も、無理に爪を深く切ることはあまりおすすめしていません。

若い頃に短くしようとしていた時期はありましたが、今は気にしていなくて、自然体です。

この記事はあくまでも「深爪をする方法」ではなく「爪を深く切ることができない」気持ちを共有するための記事です

 

>>貴女の声をお売り下さい

ハイポニキウムの話

この記事で何度か登場しているハイポニキウムについて。

僕はハイポニキウムが長いのが悩みでしたが、逆にハイポニキウムを伸ばしたいと悩んでいる方も一定数いるみたいですね。

爪が綺麗に見えるとかで。

ちなみに、ハイポニキウムは「爪下皮(そうかひ)」とも言います。

 

>>医師の転職を無料でサポート+美容外科・美容皮膚科専門の医師転職サイト【ドクターコネクト】

まとめ【爪を深く切れない人です(ハイポニキウム)】

もし、周りの人がいまだに「爪をもっと切れ」と言ってきたり無理やり切ろうとしてきたら、これ以上切れない理由を丁寧に説明してあげてください。

 

ありのままの

姿見せるのよ

 

と、エルサさんが申しておりました。

ではでは~。

 

美爪になりたい?

美肌になりたい?

ダイエットしたい?

それなら納豆食べとけばいいじゃない!

納豆の効果【ダイエット・健康・美容などコスパ最強食品の全貌】

-生活・健康

Copyright© しんすーブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.