2019/12/25 (更新日: )

【会社の飲み会】参加したくない人の為の上手な断り方

飲み会スルー【上手な断り方まとめ】忘年会・新年会スルーにも使える

会社の飲み会スルーしてもいいじゃない【断り方を紹介】

上司
会社の飲み会、もちろん参加するよね?強制ではないけど参加するよね?強制ではないんだけどさ(圧)

 

 

しんすー
え?は、はい、もももちろん参加します(めんどくさぁ~)

 

 

職場での飲み会ってなかなか断りづらいですよね。

かといって毎回参加するのもかなり大変。

 

この記事では、飲み会が苦手な方や飲むのが好きじゃない方向けに「飲み会の上手な断り方」を紹介します。

主に職場での飲み会の断り方を想定していますが、プライベートでの飲み会でも使える方法です。

 

参加したくない理由を正直に話す

僕がこれまで飲み会の誘いを断り続けてきて、分かったことがあります。

それは、飲み会の誘いを断る際は「参加したくない理由を正直に話す」のが一番だということ。

 

例えば

「飲み会には参加しない主義なんです」

「家族との時間を大切にしたいんです」

「飲み会の雰囲気が苦手なんです」

 

などなど。

もちろん、カドがたたないよう工夫する必要はありますが。

 

実はNGな断り方

多くの人がやりがちだけれど、実はマイナスイメージを持たれてしまうかもしれない断り方があります。

それは、嘘をついて飲み会の参加を断ること。

 

「今日は体調が悪くて…」

「その日は先約があって…」

 

などなど、それが本当であれば全然ありなのですが、嘘をつくのはリスクがあります。

毎回違う理由を考えないといけない上に、嘘がバレると社内での信用が地に落ちてしまいます。

 

しかも、上のような理由だと飲み会の日程を変えられたらオワコンですよね。笑

 

ちなみに、ある研究によると…

「時間がない」という理由で断ると、断った相手に「良くない印象を与えやすい」ということが分かったそうです。

 

詳細はこちらの動画にて。

 

どうしても飲み会に参加しないといけなくなった場合

最後に。

断っているのにも関わらず、どうしても飲み会に参加しないといけない状況になってしまった場合は

「軽く顔を出す程度にして早々に帰る」のもありだと思います。

 

あいさつ程度でOK。

目安は30分~1時間ぐらいで充分かと。

 

ではでは~。

 

節約したいなら絶対やめるべき三大害悪【酒・タバコ・ギャンブル】

-生活・節約

Copyright© しんすーブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.