2020/05/02 (更新日: )

母子家庭の「お金がない」問題をスパッと解決する7つの方法【シンママでも幸せになれる】

母子家庭の「お金がない」問題をスパッと解決する7つの方法【シンママでも幸せになれる】

母子家庭「お金がない」から抜け出そう【シンママ応援】

シンママちゃん
母子家庭だと働く時間も限られるし、お金が無くて辛いわ。もっと余裕ある生活をしたい・・。

 

 

しんすー
一人で仕事も家事も育児もこなすのって、とてつもなく大変だよね。尊敬です。

 

 

こんにちは。

しんすーです。

 

今回は、母子家庭の「お金がない」問題を解決していく方法をご紹介。

「食費を切り詰めよう」的な、きつい割に効果の薄い方法ではなく根本的な安定を目指します。

 

僕の以前の職場はシングルマザーの方が多数を占めていましたが、その中でもお金に余裕のあるシンママさんが実践していた方法を抜粋して解説。

この記事を読むメリット

  • 母子家庭の「お金がない」を解決する方法が分かる
  • お金だけでなく時間も手に入れて人生が豊かになる

 

公的支援を受ける

母子家庭のお金がない問題を解決したいなら、まずは公的支援を余すことなく利用し尽くすことが大事。

申請すれば支援が受けられるのに、漏れているものはありませんか?

 

公的支援にはざっくり下記のようなものがあります。

母子家庭なら知っておきたい公的支援

  1. お金が貰えるタイプの支援
  2. お金の負担が減るタイプの支援
  3. お金を貸付けてくれるタイプの支援
  4. 子供の教育をサポートするタイプの支援

下記の参考記事に目を通しておけば一通り把握できます。

1.と2.の参考記事
シングルマザー必見!母子家庭を支援する手当と助成金制度まとめ

3.の参考記事
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

4.の参考記事
母子家庭のママの生活費をサポートする制度って?FPが教えます

 

自治体が独自の支援策を打ち出している場合もあるので、役所に出向いて相談してみるのもあり。

「公的支援の利用」は、お金の問題を安定的に解決できるとっておきの方法です。

 

養育費をしっかり請求

別れた元パートナーから、養育費をしっかり貰うことも大切。

 

「私のケースでは養育費貰えないわ。」

などと思い込んで、請求を諦めていませんか?

 

例えば、相手が「養育費を払わなくていいなら離婚してあげる」といって離婚した場合であっても、その契約は法的に無効になることも。

「あの時約束してしまったから」という理由で養育費を受け取っていない方は、まずは養育費を請求できないか専門家に確認してみるのが良策。

 

さらに、相手が「他の人と再婚するからもう養育費は払わない」などと言ってきた場合でも、必ずしも支払い義務が消滅するわけではありません。

あの手この手で養育費支払いから免れようとする相手に、実親としての義務をまっとうしてもらいましょう。

 

シンママちゃん
私の元旦那も養育費の支払いが滞ってるんだけど、正直あいつと直接やり取りするのは嫌だわ・・。

 

 

諦めるのはまだ早いかも。

前澤友作氏が立ち上げた『養育費受け取りサービス』を利用すれば、嫌な思いをせずに養育費の確保ができるかも。

養育費の督促で悩んでいる方は、相談だけでもお試しあれ。

 

親に頼ることも重要

お金の問題を解決していく為には、自身の親にサポートしてもらうことも重要です。

経済的に楽になるだけでなく、子供の急な発熱時などに面倒を見てもらえるので。

 

つまり、仕事に打ち込みやすくなり収入アップの可能性が広がるんです。

とはいえデメリットもありますが。

 

実親と同居するメリット

  • 経済的に楽になる
  • 仕事がしやすくなる
  • 家事・育児に余裕が出る

実親と同居するデメリット

  • 自由度が下がる
  • 実親に小言を言われるかも
  • プライベートな空間を保ちにくい

 

上記のとおりデメリットもありますが、少なくともお金の問題については楽になるはず。

どうしても同居したくない場合は、実家のすぐ近く(歩いて行ける距離)に住むなど妥協策も模索してみてください。

 

母子家庭の「お金がない」問題を自力で解決

母子家庭でお金がないという状況から抜け出す為には、自分自身で行動を起こすことも大事。

能動的に動いて、安定した生活を手に入れましょう。

 

生活費を徹底的に見直す

「お金がない」問題から抜け出すには、生活費を徹底的に見直すことが必要です。

ただし、育ち盛りの子供の食費を削るとか、塾・習い事の費用を削るとかはしたくないですよね。

 

手っ取り早く支出を抑えたいなら、固定費(家賃、保険料など)を見直すべし。

特に、スマホの通信費とかだとほぼノーダメージで月5000円ほどの節約ができます。

手順は大手キャリアから格安SIMに乗り換えるだけ。簡単ですね。

 

時給単価を上げる

収入を上げたいと考えたときに、母子家庭だと残業などでの対応は難しいですよね。

労働時間を増やせば、そのぶん家事や子育てに支障が出てしまいます。

 

なので、限られた時間の中で収入を上げるには「一時間あたりの労働対価」を押し上げる必要あり。

つまり、時給アップが大事。

 

資格手当のある会社で働いているなら、勉強して資格取得を目指すのが吉。

もしくは、時間単価の高い職種に転職するのも一つの手です。

 

在宅でできるチャットレディ・メールレディあたりだと、時間の融通がきくし高時給ですよ。

学歴も必要なくノンアダルト・顔出し無しなど選べるので手っ取り早く気軽に稼げます。

 

「興味はあるけど何となく怖い」という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

チャットレディで安全・確実に稼ぐ為のデメリット対策【変態をやり過ごすリスク回避方法】

 

手に職をつける

新しいスキルを身につけて収入を安定させるのもおすすめ。

 

有料スクールに通うのもありですが、職業訓練なら無料で受講できますよ。

職業訓練受講給付金の手続き方法と「審査を通すコツ」

 

既に「手に職が身に付いている」という方は、ココナラクラウドワークスに無料登録しておくと副業で稼ぐことも可能。

 

再婚して幸せになる

母子家庭のお金がない問題を解決できる最強の方法は、再婚してしまうことです。

新しいパートナーを見つければ、お金の問題だけでなく精神的な豊かさにも繋がります。

 

ただし、男女無料の出会いアプリで相手を探すのは高リスク。

ヤリモク男子や経済力のない男性も入り乱れているので。

 

相手に経済力が無ければ本末転倒ですよね。汗

男性有料の婚活アプリを使うことで、安心して年収や職業など自分にピッタリな相手を見つけられます。

 

例えば、下記のようにシンママ再婚を優遇・応援しているマリッシュなどはおすすめ。

※もちろん女性は無料



>>婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」/R18

 

再婚活のコツは、少しでも若いうちにはじめること。

行動した人だけが幸せを掴み取ります。

 

お金がない時に注意したいこと【母子家庭こそ注意】

お金がない時こそ気を付けたいことがあります。

  • 詐欺に注意
  • メンタルを安定させる

この2点を意識しておかないと、苦しい生活から抜け出しにくくなるかも。

 

詐欺に注意

人間は、お金がない時ほど正常な判断ができなくなるといいます。

1日30分、スマホ一台で月20万稼ぐ方法!

 

みたいな怪しさ全開の商材でも、買ってしまうこともあるんです。

心の隙を狙った詐欺に要注意。

 

メンタルを安定させることも必要

独りで家事も育児も仕事もこなしていると、体力面だけでなくメンタル面でもかなりの負担がかかりますよね。

精神的な負担が続くと、焼け食いしたり、ネットショッピングで衝動買いしてしまったり、さらにお金が減っていきます。

 

「心の隙を埋めるため、男性に貢いでしまう」なんてことも。

生活を安定させる為には、無理しすぎないことも大切です。

 



>>婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」/R18

 

まとめ【母子家庭の「お金がない」問題をスパッと解決する7つの方法】

まずは自分に合った方法を一つずつ実践していくのがおすすめ。

経済的な余裕をもつことで、精神の安定にも繋がります。

お金の問題を解決し、人生を豊かにしていきませう!

 

【シンママ出会い】理想の男性に出会える穴場3選【再婚事例あり】

-家庭, 生活・健康

Copyright© しんすーブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.